婦人服・服飾雑貨統括部 婦人服2担当 アシスタントバイヤー 庄司友輔

試行錯誤すればするほど、達成感が大きくなる

バイヤーの補佐として、商品動向の把握と、販売計画の策定・実行・検証・修正する仕事をしています。最近では、婦人コートの売上拡大に向けたプロジェクトを立ち上げたことが一番印象に残っています。

プロジェクトで特に意識したことは、お客様の動向を細やかに調査するということ。お客様の関心、声を一つひとつすくい上げながら、その都度プロジェクト内容の修正を行いました。その結果、売上目標の達成につながりました。

試行錯誤しながら取り組んだことが、結果に結びつくときが、仕事をしていて一番やりがいを感じる瞬間です。

「好奇心」「感受性」が自分を動かす

「好奇心」「感受性」を大事にしています。「好奇心」や「感受性」は新しい発見や提案に繋がると思うからです。

興味があることにはまず挑戦してみる。挑戦してはじめて、気づくこと、学ぶことが多くあります。アシスタントバイヤーになってから、社内外の方とのコミュニケーションが増え、学ぶ範囲が広がりました。

新しいことをオープンに受け入れ、視野を広げていき、新しい藤崎を生み出す原動力に変えていきたいと思います。

藤崎、仙台を変えていきたい

今はバイヤーを目指しています。入社したときから「仙台をファッションでよりよく変えたい」と思っていました。それを実現するためにもバイヤーになり、地域のお客様に新しいモノ・コトを発信していきたいと思っています。そして、将来的には、会社全体のことを考えられる広い視野と経験を持ち、藤崎を変えていける存在になりたいです。

ある1日のスケジュール

9:00 【出社】前日の売上確認
9:45 【朝礼】前日の売上報告・1日のスケジュール確認
10:00 【開店】店頭にて販売
12:00 【昼食】
13:00 【売場】販売員から状況をヒアリング、商品展開や品揃えを修正
15:00 取引先との打ち合わせ
17:00 売場の切り替え確認、マネージャーと段取り確認
18:10 【退社】
まずは一歩踏み出してみよう

FUJISAKICopyright (C) FUJISAKI, All rights reserved.
PAGE TOP